国際優良銘柄に絞って購入しています

ミニ株投資とは、単元未満の株式を売買する行為のことです。しかし、通常の取引所での株取引では、各銘柄毎に1000株、100株、200株、500株等の売買の最低単位である単元株数が決まっています。

しかし、ミニ株投資では単元未満株でも売買できるのです。本来ならば株式投資は多額の資金を必要とします。ミニ株投資なら少額で取引が始められるので投資を始める金銭的はハードルは本来の単元株式を売買することに比べて大幅に低くなります。

また、必要な資金が少額のために心置きなく分散投資ができます。そして、株式を買いますことによって単元株にすることもできます。ミニ株には議決権はありませんが、株式の配当の配分や株式分割の割当も保有株数に応じて正規配分されます。取引の機会は証券会社によって違いますが、概ね一日一回以上はあります。

私の場合はミニ株投資の証券会社としてSBI証券を使っています。売買手数料ではマネックス証券の最低手数料が100円(税抜き)、SBI証券が50円(税抜き)とマネックス証券の方が50円近く高いです。マネックス証券が一日の取引の機会が一回に対して、SBI証券は取引の機会が2回あります。このような理由から、手数料が安くて使いやすいSBI証券で私はミニ株取引をしています。

私は、ミニ株投資の取引銘柄として、主に単元株を買うことができない国際優良銘柄にしています。具体的にはトヨタ、テルモ、京セラ等を毎月数万円づつ買っています。トヨタはもうすでに単元株になりました。このように、株価を気にせず少しづつ小額で買い続けることが、ミニ株投資のメリットではないかと思います。

ミニ株の基礎知識
ミニ株とは一体何?
初心者はミニ株から始めるべき?
ミニ株で株主優待はもらえる?
ミニ株で配当金はもらえるの?
ミニ株の利点・メリット
ミニ株の注意点とデメリット
ミニ株でデイトレはできる?
米国株もミニ株で売買できる?
ミニ株と売買単位
ミニ株は株式分割も行われる
上場廃止になったら?
毎月コツコツ積立て投資
プチ株とミニ株の違い
ミニ株で空売りをしてみる
ミニ株で端株が出たら?
ミニ株に議決権はある?
ETFをミニ株で買えます!
ANAの株主優待割をGETできる?
大学生でも出来る?
ミニ株投資を始めよう!
ミニ株で投資する方法
購入可能な銘柄はどんなの?
ミニ株はどうやって選べばいい?
ミニ株を取り扱っている証券会社
売買する際に気をつけること
デモ取引を試してみよう
ミニ株の売却方法
どれくらいの元手が必要?
掲載証券会社一覧
SBI証券
マネックス証券
リテラクレア証券
カブドットコム証券