ミニ株で配当金はもらえるの?

ズバリ、ミニ株取引でも配当金はもらえます。では配当金とは一体どのようなものでしょうか。

【配当金とは】
企業の利益に応じて、株主に対して企業が定めた分配金を支給してくれるお金のことです。安定して利益を出し続けている企業の場合、数年先まで配当金額予定を公表しているところもあります。配当金の支給方法については各企業で決められていますが、本決算月の権利確定日に株を保有していた株主に対して年1〜2回支給します。

年1〜2回というのは、本決算月だけ支給する場合と、本決算月と中間決算月の2回に分けて支給してもらえる場合とがあるからです。

配当金の受け取りについては、証券会社の指定口座に振り込んでもらえる場合や自分が指定した金融機関に振り込んでもらうこともできます。

もちろん、自宅に配当金の受け取りに関する書面が届きますから、それを金融機関に持って行って窓口で現金をもらう方法もありますが、ミニ株の場合は口座に直接振り込んでくれるそうです。

【ミニ株の配当金について】
ミニ株保有者の場合、端株ということになりますから株の名義は証券会社になっています。したがって、まず最初に証券会社に配当金が届きます。

それを証券会社がミニ株保有者の割合に応じて金額を算出し、それぞれの口座に振り込んでくれるのです。個人的に株を売買していないのにいつのまにか残高が増えているという現象も、配当金の分配によることがわかりますね。

【配当金に関する注意点】
配当金を出せる企業というのは、やはり一定の利益が出せているということです。

逆に大幅な赤字に見舞われた企業の場合は、一時的に配当金の分配をストップしてしまう場合もあります。

基本的には本決算でその年度の配当金額を決定し発表しますから、中間決算ではもらえますが翌年からなくなるというケースもあります。

サイト上で数年先の配当金額を公表していたとしても、業績悪化に伴って無配当となる場合もありますから、売買する際に注意したほうがよいでしょう。

ミニ株の基礎知識
ミニ株とは一体何?
初心者はミニ株から始めるべき?
ミニ株で株主優待はもらえる?
ミニ株で配当金はもらえるの?
ミニ株の利点・メリット
ミニ株の注意点とデメリット
ミニ株でデイトレはできる?
米国株もミニ株で売買できる?
ミニ株と売買単位
ミニ株は株式分割も行われる
上場廃止になったら?
毎月コツコツ積立て投資
プチ株とミニ株の違い
ミニ株で空売りをしてみる
ミニ株で端株が出たら?
ミニ株に議決権はある?
ETFをミニ株で買えます!
ANAの株主優待割をGETできる?
大学生でも出来る?
ミニ株投資を始めよう!
ミニ株で投資する方法
購入可能な銘柄はどんなの?
ミニ株はどうやって選べばいい?
ミニ株を取り扱っている証券会社
売買する際に気をつけること
デモ取引を試してみよう
ミニ株の売却方法
どれくらいの元手が必要?
掲載証券会社一覧
SBI証券
マネックス証券
リテラクレア証券
カブドットコム証券