ミニ株を取り扱っている証券会社

ミニ株は、正式には『株式ミニ投資』という商品になります。取り扱っている証券会社は以下の通りです。

【リテラ・クレア証券】…取扱銘柄は約2100社、最低手数料は945円

【大和証券】…取扱銘柄は2067社、最低手数料は525円(売買金額によって手数料の算出法があります)

【SMBC日興証券】…取扱銘柄は2400社、オンライントレードの場合の手数料は一律735円

また最近は、ミニ株よりも少額の単元未満株で取引できる新たな商品を用意している証券会社もあります。

【マネックス証券】の『ワン株』、【野村証券】の『まめ株』、【カブドットコム証券】の『プチ株』などです。

これらはどれも、ミニ株よりも少ない1株単位で取引ができるという商品で、いずれも単元未満株での売買になります。

なお、上記の商品は単元株数が1株以外の銘柄ならほとんどが取引対象になりますから、ミニ株よりも幅広く選択できることになります。

実際に株取引をする場合は証券会社に自分の口座を開設するわけですが、各証券会社で定められた口座管理料がかかることもあります。

しかし大和証券では、株式ミニ投資のみの取引に関しては口座管理料がかかりません。

また、リテラ・クレア証券では口座管理料やその他諸費用は無料となっています。

どの証券会社を選択するかに関しては、自分が取引したい銘柄が対象となっているかどうかとその他の諸費用が安く済むところなのではないでしょうか。

特に売買手数料は、利益が出ても出なくてもかかります。手元の資金を賢く増やすためには、余計な出費を少しでも減らしたいですよね。

なお、各証券会社によって売買手数料の算出法がありますので、問い合わせたうえで各社を比較してみるとよいでしょう。

その際に、ある銘柄を同じ単位数だけ購入した場合にかかる手数料で比較してみると、より具体的でわかりやすいのではないでしょうか。

ミニ株の基礎知識
ミニ株とは一体何?
初心者はミニ株から始めるべき?
ミニ株で株主優待はもらえる?
ミニ株で配当金はもらえるの?
ミニ株の利点・メリット
ミニ株の注意点とデメリット
ミニ株でデイトレはできる?
米国株もミニ株で売買できる?
ミニ株と売買単位
ミニ株は株式分割も行われる
上場廃止になったら?
毎月コツコツ積立て投資
プチ株とミニ株の違い
ミニ株で空売りをしてみる
ミニ株で端株が出たら?
ミニ株に議決権はある?
ETFをミニ株で買えます!
ANAの株主優待割をGETできる?
大学生でも出来る?
ミニ株投資を始めよう!
ミニ株で投資する方法
購入可能な銘柄はどんなの?
ミニ株はどうやって選べばいい?
ミニ株を取り扱っている証券会社
売買する際に気をつけること
デモ取引を試してみよう
ミニ株の売却方法
どれくらいの元手が必要?
掲載証券会社一覧
SBI証券
マネックス証券
リテラクレア証券
カブドットコム証券