ミニ株と売買単位

株式取引を行う際には最低必要元な株の単位を購入するところからスタートします。これを「売買単位」と言っています。この売買単位というのはそれぞれの企業によって決められているのですが、例えば1株の売買単位を設定しているところもあれば、1000株の売買単位を設定しているところもあります。

そうなってくると、1株あたりの株価はそこまで高くないけれど、売買単位が設定されているため初期投資から数百万円必要になってくる場合も。

トレーダーとしてやっている人ならまだしも、一般的な生活を行っている人からすると数百万円という初期投資はかなりハードルが高いと言わざるを得ません。そこで誕生したのがミニ株と呼ばれるものです。

このミニ株というのは売買単位の設定の問題点を一般の人たちの感覚に合わせるために用意されたものです。通常の売買単位の十分の位置もしくはそれ以下から株を売買することができるようになるというシステムで、例えば売買単位が1000株に設定されているものであったとしてもミニ株を利用することによって100株から購入することができるようになるというわけです。

もしもこの例で1株あたりの値段が100円だったとすると、通常の株式取引であれば100万円が、ミニ株であれば10万円が初期投資として必要になるということになります。

このように、ミニ株を利用することによって売買単位を下げることができ、少ない金額であったとしても株式取引を利用することができるようになるというメリットが生まれます。また、少ない資金で多くの銘柄に投資することができるようになるためリスクを分散させて堅実な利益を重ねていくのも可能となります。

ミニ株の基礎知識
ミニ株とは一体何?
初心者はミニ株から始めるべき?
ミニ株で株主優待はもらえる?
ミニ株で配当金はもらえるの?
ミニ株の利点・メリット
ミニ株の注意点とデメリット
ミニ株でデイトレはできる?
米国株もミニ株で売買できる?
ミニ株と売買単位
ミニ株は株式分割も行われる
上場廃止になったら?
毎月コツコツ積立て投資
プチ株とミニ株の違い
ミニ株で空売りをしてみる
ミニ株で端株が出たら?
ミニ株に議決権はある?
ETFをミニ株で買えます!
ANAの株主優待割をGETできる?
大学生でも出来る?
ミニ株投資を始めよう!
ミニ株で投資する方法
購入可能な銘柄はどんなの?
ミニ株はどうやって選べばいい?
ミニ株を取り扱っている証券会社
売買する際に気をつけること
デモ取引を試してみよう
ミニ株の売却方法
どれくらいの元手が必要?
掲載証券会社一覧
SBI証券
マネックス証券
リテラクレア証券
カブドットコム証券