プチ株とミニ株の違いについて

株式取引には色々な形式が登場してきています。これらは主に初期投資のための資金を用意できない方や、初心者トレーダーの練習に適していると言われています。中でも人気を集めているのが「プチ株」と「ミニ株」です。これらはいずれも通常の株取引よりも少ない取引単位での売買を可能とする方法ですが、いったい両者にはどのような違いがあるのでしょうか。

●ミニ株
ミニ株は通常の単元から10分の1の株数を購入することができるサービスになります。ですので、通常だと100株から購入となっている銘柄でも10株から購入できるようになり、少ない資金でもスタートすることができるようになっています。

●プチ株
プチ株は単元数に関係無く、自分が好きな株数を購入することができるという最近になって主流になりつつある株式取引になります。当然1株から購入することができるようになるので、完全に自分の資金と相談しながら売買を進めていくことができるようになります。

●両者の違い
これらの点を見てみると、ミニ株は10分の1の株数を、プチ株は自分が好きな株数を購入することができるという違いがあります。実はそれ以外の部分はそこまで大きな違いはありません。

ただしミニ株の場合だと、株式分割が実行されると端株が発生する可能性があり、その対処方法は利用している証券会社によって異なるので事前に確認が必要です。

プチ株とミニ株のメリットとしては、資金がたくさんなくても株取引が可能になること、多くの銘柄に手を出しやすく、リスクヘッジが行いやすくなることなどが上げられます。株初心者の方は特にプチ株やミニ株などからスタートして実戦経験を積み重ねていくことをオススメします。

ミニ株の基礎知識
ミニ株とは一体何?
初心者はミニ株から始めるべき?
ミニ株で株主優待はもらえる?
ミニ株で配当金はもらえるの?
ミニ株の利点・メリット
ミニ株の注意点とデメリット
ミニ株でデイトレはできる?
米国株もミニ株で売買できる?
ミニ株と売買単位
ミニ株は株式分割も行われる
上場廃止になったら?
毎月コツコツ積立て投資
プチ株とミニ株の違い
ミニ株で空売りをしてみる
ミニ株で端株が出たら?
ミニ株に議決権はある?
ETFをミニ株で買えます!
ANAの株主優待割をGETできる?
大学生でも出来る?
ミニ株投資を始めよう!
ミニ株で投資する方法
購入可能な銘柄はどんなの?
ミニ株はどうやって選べばいい?
ミニ株を取り扱っている証券会社
売買する際に気をつけること
デモ取引を試してみよう
ミニ株の売却方法
どれくらいの元手が必要?
掲載証券会社一覧
SBI証券
マネックス証券
リテラクレア証券
カブドットコム証券