ミニ株の利点・メリット

ミニ株投資をするメリットには以下の3点が考えられます。

1.分散投資ができる
ミニ株は一つの銘柄にかかる投資金額が少ないので、予算内で多くの銘柄を買えます。同じ予算内で通常の単元株では1株しか買えない場合でも、ミニ株なら2銘柄以上を買うことができるわけです。これにより、いくつかの業種に分けて株を保有する『分散投資』が可能になります。

では、なぜ分散投資がメリットなのでしょうか。

株取引には洋服や流行色と同じように、その年によって人気や流行のような現象があります。ある業種ばかりが一斉に買われて株価が上昇していくことがあり、逆にある業種全体が一斉に株価を下げることもあるのです。同じ業種ばかりを保有していた場合、その業種全体がある銘柄に引きずられるように下がっていった場合、それだけ損失が大きくなってしまいます。

いくつかの業種にわけて保有することによって損失を少なくしたり、総合的に見て利益が出たりすることもありますから、リスク回避のためには分散投資をしておいたほうが良いわけです。

例えば、NECやシャープ、東芝などの電機株ばかりを保有していた場合、ある会社の業績悪化に引きずられるように業種全体が連鎖反応を起こしてズルズルと下がっていくことがあります。

こういうケースを回避する目的で、各業種をバランスよく保有しておくことが理想的なのです。

2.リスクが低い
上記の例にもあてはまるのですが、もしも自分が保有している株が大幅に下落したとしても、ミニ株であれば10分の1の投資ですから損失も10分の1で抑えられます。

大きな利益は期待できませんが、その分ハイリスクは避けられるという点で安心して投資できます。

3.手数料やその他の費用面
ミニ株取引の場合、証券会社によっては手数料が安く設定されていたり口座管理料がかからないというところもあります。

ですからミニ株だけで運用すると、少しでも諸費用を抑えられるという点もメリットがあるわけです。

ミニ株の基礎知識
ミニ株とは一体何?
初心者はミニ株から始めるべき?
ミニ株で株主優待はもらえる?
ミニ株で配当金はもらえるの?
ミニ株の利点・メリット
ミニ株の注意点とデメリット
ミニ株でデイトレはできる?
米国株もミニ株で売買できる?
ミニ株と売買単位
ミニ株は株式分割も行われる
上場廃止になったら?
毎月コツコツ積立て投資
プチ株とミニ株の違い
ミニ株で空売りをしてみる
ミニ株で端株が出たら?
ミニ株に議決権はある?
ETFをミニ株で買えます!
ANAの株主優待割をGETできる?
大学生でも出来る?
ミニ株投資を始めよう!
ミニ株で投資する方法
購入可能な銘柄はどんなの?
ミニ株はどうやって選べばいい?
ミニ株を取り扱っている証券会社
売買する際に気をつけること
デモ取引を試してみよう
ミニ株の売却方法
どれくらいの元手が必要?
掲載証券会社一覧
SBI証券
マネックス証券
リテラクレア証券
カブドットコム証券