ミニ株とは一体何?

株式投資には『ミニ株』という株の投資法があるのをご存知ですか。ミニ株というのは正式には『株式ミニ投資』と言って、単元株数の1/10単位から取引できる株のことです。

単元株というのは株式売買する際に必要な一定数量の株のことですが、多くの株は単元株数がそれぞれに決められています。多いのは1単元が1000株とか100株というものですが、中には50株や10株という銘柄もあります。たまに1株という銘柄も存在します。その中で株数を1/10にできる株であれば『ミニ株』として取引できる銘柄ということになります。

では、ミニ株での取引について具体例で見ていきましょう。

例えばあなたがNTTの株を買いたいと考えたとします。まず何らかの株式情報コンテンツ(四季報やヤフーファイナンスなどのサイト)から、NTTの単元株数を調べてみましょう。現在、NTTは単元株数が100株となっています。

その日の取引値がだいたい〔3,800円〕だとすると、普通の単元株で買うと〔3,800円 × 100株 = 380,000円〕で、38万円(手数料は含まず)が必要だということがわかります。

しかし、投資できる資金がそれよりも少ない場合にはNTT株は買えませんね。そこでミニ株で買うことにすると〔380,000 ÷ 10 = 38,000〕ということで、3万8千円でNTT株を手に入れることができるのです。

また、ミニ株は単元株数未満まで買い増しが出来ますから、全部で90株までがミニ株として保有できます。100株を超えてもミニ株としての取引はできますが、本決算時をまたいで100株以上保有していると、自動的に普通の単元株数に切り替わることがありますから注意が必要です。

なお、株式の売買には証券会社によって定められている手数料や口座管理料などがかかります。ミニ株取引と単元株数の取引では手数料などが違ってくる場合がありますので、事前に証券会社に確認しておくことをお勧めします。

ミニ株の基礎知識
ミニ株とは一体何?
初心者はミニ株から始めるべき?
ミニ株で株主優待はもらえる?
ミニ株で配当金はもらえるの?
ミニ株の利点・メリット
ミニ株の注意点とデメリット
ミニ株でデイトレはできる?
米国株もミニ株で売買できる?
ミニ株と売買単位
ミニ株は株式分割も行われる
上場廃止になったら?
毎月コツコツ積立て投資
プチ株とミニ株の違い
ミニ株で空売りをしてみる
ミニ株で端株が出たら?
ミニ株に議決権はある?
ETFをミニ株で買えます!
ANAの株主優待割をGETできる?
大学生でも出来る?
ミニ株投資を始めよう!
ミニ株で投資する方法
購入可能な銘柄はどんなの?
ミニ株はどうやって選べばいい?
ミニ株を取り扱っている証券会社
売買する際に気をつけること
デモ取引を試してみよう
ミニ株の売却方法
どれくらいの元手が必要?
掲載証券会社一覧
SBI証券
マネックス証券
リテラクレア証券
カブドットコム証券